取引所に仮想通貨をおいておくリスク

仮想通貨を買う、トレードをする際に必ずと言って良いほど
使っているのが仮想通貨取引所です。

コインチェックやバイナンスなどですね。
ここで購入した仮想通貨はそのまま取引所で管理していますか?

 

「はい!管理しています!」

 

ちょっとちょっと。それはもしかしたら危ないかも知れませんよ!
2017年にも小さい取引所でハッキングされ、経営破綻している実例も
ありますし、日本で衝撃を受けた事件もあります。

 

マウントゴックス事件

 

 

当時、仮想通貨取引所だった「マウントゴックス」はハッカーからのハッキングに合い
取引所閉鎖&倒産に追い込まれました。

 

当時と違って今の取引所はセキュリティ対策も向上はしていますが
いつこうなるか?わかりませんよね。

 

取引所は常にハッカーとの闘い

 

 

ハッカーからすれば、あの取引所に沢山の仮想通貨(お金)があるのが目に見えてわかる訳です。
どうにかしてハッキングできないかハッカー共は日々研究に余念がありません。

 

もしマウントゴックスと同じ運命を辿ってしまったら?
もし今使っている取引所がハッキングされ自分の資産がすべて消えてしまったら?

 

そういうリスクは常にあると思ってくださいね。
万が一のことがあった場合に備えて、できる対策はしっかりやっていきましょう。

 

 

対策方法

 

短期で売買している銘柄の仮想通貨であれば、複数の取引所に分散して
仮想通貨を保管するのがベストです。

 

資金が1000万円あったら

A社 200万
B社 200万
C社 200万
D社 200万
E社 200万

長期でホールドする予定の仮想通貨であれば
対応するウォレットがあるかどうか?をまず確認しましょう。

 

長期ホールド予定の仮想通貨+ウォレットでGoogle検索すれば
ウォレットがある仮想通貨はでてきます。

 

時価総額の低い仮想通貨においては
対応するウォレットがないので、取り扱いのある取引所で分散して
保管するのが望ましいです。

 

一番やってはいけないのは

 

「1か所に集中して保管すること」  です。

 

その集中している取引所がハッキングされたらあなたの資産はすべて消えます。
何が起こるかわからないからこそ、しっかり資産を守るための行動をしていきましょう。

 

取引所は、自分の管理がしっかりできてないとかはあまり関係ありません。
取引所自体がハッキングされちゃいますからね。

 

そうなると、マウントゴックスと同じように取引所が経営破綻してしまって
保管していた仮想通貨が取引所から出すことができなくなってしまいます。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です