Googleパスワード生成ツール

 

仮想通貨で取引をする際に必ず必要になるのが
取引所などのアカウントです。

 

海外取引所などを開設する場合はたくさんのアカウント
を作っていると思います。

 

その時、パスワードも設定するかと思いますが
毎回同じパスワードにしていませんか?

 

パスワードが毎回同じだと、1つのサイトから
パスワードが流出すると、不正にアクセスされ、
大切な資産がすべて、消えてしまう・・・

 

そんなことにならないためにパスワードは強固なもの
を設定しましょう。

パスワードを作成する際の注意点

 

第三者がわかりにくいパスワードの設定をしましょう

 

パスワードは少ない桁数を使わないでください。
さらに、数字・英文字の大文字小文字を組み合わせる等、
推測されやすいパスワードを使用しないでください
(名前・住所・生年月日・電話番号など)。
また、他のサービスでお使いのパスワードと同じ、
あるいは似たパスワードを使わないでください。

 

パスワードをきちんと管理しましょう

 

パスワードを第三者に知られぬよう、
手帳やメモなど第三者に見られるおそれのある場所に残さないでください。
また、第三者にパスワードを絶対に教えないでください。
警察、金融機関、クレジットカード会社などの機関であっても、
電話やメールなどでパスワードを聞くことは絶対にありません。
さらに、パスワードを入力する際には他人に見られないように注意してください。

Googlechromeを使用していると、chromeに保存することができ
すごく便利ですが、セキュリティ的は壊滅的に「NG」ですので、
ラストパスなどのパスワード管理ツールを使用してくださいね。

Lastpassについてはこちら

http://kasocoin.jp/archives/67

設定するに際して、自分で適当に作ってもいいですが
便利な「パスワード生成ツール」があります。

 

自分で覚えれるレベルのパスワードは意味がないので
どうせならパスワード登録するサイトの上限文字数でパスワードを
作成しましょう。 今からご紹介するGoogleパスワード生成ツールでは
最大40文字の最強パスワードが生成できてしまいます!

 

取引所によっては最大文字数がきまっていますので
使用する取引所で使用できる最大文字数でパスワードを生成しましょう。

 

Googleパスワード生成ツール

http://www.luft.co.jp/cgi/randam.php

 

 

 

 

こちらを使うことで、好きな文字数でパスワードを作成することができます。
上記のタブが私のオススメの設定なので、

あとは文字数を増やすなり工夫して使用してみてくださいね。
文字数は最大文字数が好ましいですが12文字でも
よほどのことがない限り破られることはありません。

 

Googleパスワード生成ツールは見た目通り直観操作で簡単に使用することができます。
管理する上でもパスワードデータをダウンロードすることもできて無料で使用することが
できますのでパスワードを作成する際には使ってみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です