ハードウェアウォレットとは

 

暗号通貨の管理に用いる秘密鍵を、内臓した外部ディバイスのことです。

秘密キー自体をハードウェアウォレット自体に保管すると、

物理的にインターネットの通信環境から切り離しておくことができます。

つまり、コールドウォレットの環境が実現できます。

 

ホットウォレットとコールドウォレット

 

 

仮想通貨を保管するウォレットには

ホットウォレットとコールドウォレットがあります。

 

ホットウォレット コールドウォレット
Webウォレット ペーパーウォレット
ソフトウェアウォレット ハードウェアウォレット

 

 

ホットウォレットはインターネット上で保管されているので、

いつでも入出金が可能で便利ですが、

ハッキングなどの被害にあう可能性が高く、安全性に不安があります。

 

 

コールドウォレットは秘密鍵がオフライン環境に保管されています。

ハッキングにあう可能性がとても低く

企業(取引所)が倒産した場合も資産をしっかり守ることができます。

 

仮想通貨を送受信する際にはインターネットを介しますので、

完全にインターネットから切断されている訳ではありません。

パソコンを使用する際にそのパソコンにウイルスが入っていた場合は

中間攻撃を受ける可能性もあります。

 

使わない仮想通貨の大金は

コールドウォレットにしまっておくことをオススメします。

 

 

ペーパーウォレットとハードウェアウォレット

 

この二種類のウォレットはコールドウォレットです。

インターネットから切り離して管理する為、ハッキングリスクが低いのですが、

どのような違いがあるのでしょうか。

 

ペーパーウォレット

 

仮想通貨の「アドレス」と「秘密鍵」を紙に印刷して保管するウォレットです。

 

 

このような紙です。ギフトとしても渡すことができ、

無料でどの仮想通貨のペーパーウォレットも制作することができます。

 

ですが、紙の為、燃えたり濡れてやぶれたりすると修復不可能です。

汚したり、紛失したり、盗まれないように注意して保管することがとても大切です。

 

送金するには2回の手続きを行わなくてはならないので、手間があります。

一回使用したらまた新しいものを発行して常に新しいものを保管しておきましょう。

ペーパーウォレットについて詳しくはこちらにて☆

 

ハードウェアウォレット

 

ハードウェアウォレットは

 

 

紛失しても復元することが可能です。

ひとつのハードウェアウォレットで何個も仮想通貨を管理することができます。

 

ペーパーウォレットは無料なのに対して、

ハードウェアウォレットは1万円以上のコストがかかります。しかも、

ハードウェアウォレットによっては対応していない通貨もあります。

 

ですがやはり他のウォレット管理方法よりセキュリティ面では

最も安全なウォレットというのが強みとなります。

 

コールドウォレットを使用する際はパソコンに

ウィルスが入っていないか念入りにチェックしてから使用するようにしましょう。

 

 

購入する際の注意点

 

ハードウェアウォレットを購入するにあたっての注意点があります。

それは公式サイトか正規店で購入することです。

 

 

楽天やAmazonなどの代理店で買うと返品サービスがある関係、

フリマサイト、中古品サイトなどでも秘密鍵を盗んだ状態のものや、

悪意のあるプログラムが組まれているかもしれないからです。

 

こういったものを購入して資産を入れてしまった場合、

全ての資産が奪われてしまう。といった事態も起きかねません。

そういった事件も多発しているので十分気をつけましょう。

 

 

ハードウェアウォレットはどのメーカーのものも

一般的には最初にPINコードと秘密鍵の設定があります。

こちらを頭に入れておきましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です