ペーパーウォレットとは

 

ペーパーウォレットは文字通り紙で保管するウォレットを指します。
ペーパーウォレットの利点としては、保管している紙が他人に渡らない
限り、セキュリティ面が非常にすぐれている点です。

 

ただし保管をしっかりしないといけないことや、
火災などで焼失してしまうリスク
経年劣化して、インクが擦れて読み込めなくなったりするリスクがあります。

 

長期間保管するつもりであればリスクを考慮して
しっかり管理しないといけません。

 

一見セキュリティに強い印象ですが、上記でも書いたように火災、盗難
保管場所のリスクは多大です。しかもペーパーウォレットに保管しようと
言うくらいですから、長期保管を考えていると思います。

そのあたりのリスクを考慮した上で使用してくださいね。

 

ペーパーウォレット作成サイト

https://www.bitaddress.org/


bitaddress.orgは日本語にも対応しています。日本語訳にしなくても簡単に使用できますが
不安な方は日本語訳で使用してくださいね。上部の日本語をクリックすることで日本語になります。

 

上記の画面ですが、バグとかではなく、マウスをクルクル動かして、100%になるのを待ちます。
たったそれだけでウォレットが作成できます。

 

 

動かしているだけでウォレットが作られました。
送信先アドレスに保管するビットコインを送金します。

秘密キーは他人に絶対に漏らさないようにしてください。
すべて盗まれてしまいます。それだけ厳重に保管するようにしてください。

 

こちらのウォレットでは秘密キーは保管されません。
自分自身で保管します。ですので秘密キーをなくしたりすると永遠に取り出せなく
なるので注意してください。

 

 

 

上部のPape Walletをクリックすると上記のようなペーパー型?
カッコイイ感じで印刷することができます。

Addresses to generateとは、発行する枚数を指します。ここでは複数枚発行しておきましょう。

 

ペーパーウォレットでも十分すぎるくらいセキュリティ対策は万全ですが
さらにパスワードをかけることもできます。

 

Passphraseの欄にパスワードを設定することが可能です。
ですが、パスワードも万が一不明になった場合には同じく取り出すことは二度と不可能
になりますので、ペーパー自体を厳重に保管しているのであればパスワード設定までは必要ないかと
思います。

必要に応じて設定するようにしてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です